読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私よ、なぜ108円でそんなに悩んだのか

f:id:yokohamatom:20160216175129p:plain

私はブックオフ大好き。

 特に108円のコーナー。

 
 
 
時々、え!?これも108円でいいの?
っていうアタリにであう楽しみもあって、
好きなジャンルを片っ端からパトロール。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前なにかの記事で
 
 
本はわずかの金額で、
あらゆることを学ぶことができる。
 
自分で調べたり経験したりしたら、
膨大なお金と時間がかかる。
 
それを考えたら、とにかく安い。
だから、自分にあう本を見つけたら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
迷わず買おう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、買います(心の返事)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それを聞いたとき、
なるほどと、えらく納得して、
これからは、本にお金をかけていこうと
決意した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、現実、
1か月に何冊も買うのは家計がいたい。
 
 
 
 
だから、
108円の本は家計にやさしく
ありがたいのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は図書館利用者である。
 
 
 
しかも週1で。
 
 
 
図書館の本棚は、
自分の本棚。
 
 
 
そう信じ、
 
せこせこ通っている。
 
 
ミニマリストを目指しているので、
あまり本は持たないように
しているのだけれど、 
 
 
 
108円の本は例外で、
108円ならすぐに我が家へ招き入れてしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あの人気の本が108円で買えた!
 
 
 
 
 あの好きな作家の本が108円で買えた!
 
 
 
  
読む本は毎週毎週図書館へ調達に行くので、
 
 
108円の本は、
お得に買えた満足コレクション。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
積読本の誕生である。
 
 
 
 
 
 
 
 
これではいけないと思い、
しばらくブックオフへは行くのをやめた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、それがわざわいして
久しぶりに行くと、また目新しいお得な本たちが
待っていてくれるのである。
 
 
 
でも、だめだめ。
 
 
と我慢。
 
 
それでも108円という値段は魅力的。
 
 
 
 
 
 
 
 
これ図書館にもあるんじゃないの?
 
その場で、ネットで図書館にアクセス。
 
図書館にあるらしい。
しかも誰も借りてないから、すぐに手に届く。
 
 
 
 
いや、手に届くとかじゃないから、
 
 
 
 
 
手元に置いときたいんだ!
 
 
 
 
いや、手元に置いても積読本になるだけだから。
 
 
たった108円じゃない!
ジュースやおにぎりよりも安いのに
なぜ買わないの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局購入した。
 
 
なんなんだ、この疲れは。
 
 
 
108円の古本にこの労力は見合わない・・・
 
 
 
 スリークエストをつぶやいています



ブログ村へ参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ