読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴だけはミニマリストになれない、悲しい理由。

断捨離

f:id:yokohamatom:20160406075037j:plain

春になり、靴を新調しました。

 1つ買ったら1つ捨てる。

 
とういことで、今日は靴を見直してみました。
 
 
 

f:id:yokohamatom:20160406075117j:plain

現状を知る

玄関にずらーっと並べてみたら
全部で12足。
 
昔に比べたら
これでもだいぶ減らした方。
最終的には3足くらいには減らしたいけど、
どれも気に入っているので、
今はこれがベストな状態。
 
 
 
f:id:yokohamatom:20160406075306j:plain

1つ買ったら1つ捨てる

今回は1つ買って
3つのシューズとおさらばすることに
しました。
 
気に入ってるものなので、
破れるまで履きたい。
 
破れてでも履きたいのですが、
なくなく手放します。
 
 
 

f:id:yokohamatom:20160406075359j:plain

大人買いしてしまう悲しい理由。

さて、お気づきでしたでしょうか。
①②③のブーツが同じものだということを。
 
今回1足は処分するのですが、
なぜ同じものを3足も
持っているのでしょうか。
 
それは、
足が大きいから(涙)
 
普通の店頭では、
なかなか履ける靴に出会えないので、
出会ってしまうと、
大人買いしてしまうのです。
 
靴をバーゲンで買うなんてことを
したことがないのですが、
 
履けるブーツが値下がりしていたので、
思わず買ってしまいました。
 
私の中で靴は、
履けるか履けないかが勝負。
悲しい購入ポイントなのです・・・
 
 

まとめ

こうやって、客観的に振り返ると、

やはり同じデザインの靴を

履けるという理由だけで持っていても、

全然ときめかない。

なので、今度からは、今ある靴を大切に履いて、

本当に気に入った靴を一足ずつ

買い足していこうと思います。

 

これからは、

靴の大人買い(履ける買い)を

断捨離しよう!

 

 

 

ブログ村へ参加しています。
少しでも共感していただきましたら、
ポチットお願いいたします。